/* Googleアドセンスをリンクするためのコード

【2020年】Hunny展の大阪会場に行ってきた。絵はローンで買える。

こんにちは。あおいです。

8月3日が『はちみつの日』ということで、7月29日~8月24日の間に、東京、大阪、福岡、愛知と期間限定でプーさんのスペシャルイベントが開催されています。

大阪のイベントに参加してきました。

Hunny展とは

プーさんのオリジナルの原画が多数公開されています。

プーさんだけでなく、ミッキー&ミニーやプリンセスなど、多くのディズニーキャラクターの絵が展示されています。

ディズニーの絵を描けるアーティストさんは、世界に30人ほどしかいないらしく、展示されている絵の中には超レアなものもありました。

ディズニーの絵を描くには、多くのルールが存在しているらしく、例えばミニーちゃんの横顔を書く時は、まつ毛は3本など、60ものルールがあるそうです。

待ち時間

Hunny展の入口には、行列ができていました。

コロナの影響もあり、ソーシャルディスタンスをとりながら並んでいるので、一見行列に見えますが、実際並んでみると進みも早く、30分ほどで会場に入れました。

かわいい来場者限定特典①

Hunny展に行くときは、事前に公式サイトから、予約するとプーさんのクリアファイルを手に入れることができます。

A4サイズで、けっこうしっかりめのファイルなので、普段使いにちょうどいいです。

来場者特典②

このようなかわいいポストカードももらうことができます。

2種類の中から、好きなデザインをその場で選ぶ形でした。私は旦那と行ったので、ひとり1枚もらえるので、異なるデザインを選びました。

普通のポストカードと思いきや、裏は『アート情報サイトのご案内』と『ご来場アンケート』でした(笑)

展示されている絵の中で、1番好きだった絵を入力するところがあったので、好きな絵のタイトルは覚えておきましょう。

フォトスポット

展示場の中は、すべてカメラNGですが、一カ所だけフォトスポットが設けられていました。

まるで自分がプーさんの世界に入ったような、かわいい写真を撮ることができます。

絵の販売

私はHunny展をプーさんの絵を見る美術館のようなものだと思っていましたが、実際は絵が売られていました。ちなみに絵は1つ50万~140万くらいでした。

絵を見ている最中に話しかけられて、その絵についての説明や、作者がどんな人だとか教えてくれました。

絵をそういう視点で見たことがなかったので、新しい発見がたくさんありました。

すべての絵を見終わった後に、『どの絵が1番好きでしたか?』『家に置くならどの絵を飾りたいですか?』『家のどこに置きたいですか?』など、めっちゃセールスされました。

こっちが話す隙を与えないくらいマシンガントークで、席に案内されて、どんどん帰りにくくなって、困りました。

何も調べて行かなかった私が完全に悪いのですが、購入する気がない人は、早めに話を切り上げた方がいいと思います。

絵は見ているだけでもとても楽しかったので、ディズニーが好きな方は、ぜひ行ってみてください。

ちなみに、絵はローンで買えるようで、5年ローンで買うと月いくらみたいに書いてあります。スタッフの方が『私はこの絵をもっています。』とか言ってきて、めっちゃ売ろうとしてきます。

個人的に驚きました。まあ何も知らずに行った私が悪いんですけどね。

最後に

普段見れないディズニーの絵を見れるので、とても楽しかったのですが、絵を売ろうとセールスされたのは困りました。

けっきょく70分ほどは、マシンガントークを聞いて、帰りたいのに帰りにくいという状態が続きました。プロってすごいですね。

絵を見ているだけでも楽しいので、興味のある方は見に行ってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Posted by aoifamily